夏の肌ダメージとスキンケア

夏の肌ダメージとスキンケアのポイントとは

夏のスキンケア

 

夏のスキンケアはとにもかくにも紫外線対策です。最近は肌に優しい日焼け止めが数多く開発されています。

 

中にはプラセンタやセラミドが配合されているものもあり、ダメージを抑えるだけでなく、肌にいい影響を与えるものもあります。

 

するとスキンケアで重要なのはクレンジング、つまり落とすときの方になります。

 

洗浄力の強すぎるクレンジングでは肌に必要な成分までもを洗い流してしまい、肌に悪影響を及ぼします。特に角質層にはセラミドという重要な保湿成分があり、これは水で洗顔してすら落ちてしまいます。セラミドは肌の成分の中で最も保湿能力が高く、十分な量のセラミドさえあれば理論的には湿度0%の場所にいてもお肌が乾燥しない、というすぐれものであり、つまりお肌が乾燥しやすい、という人はすでにこのセラミドが不足して言える可能性があるのです。

 

せっかくセラミド配合の高い日焼け止めを使用していても、クレンジングで元々お肌にあった分まで落としてしまっては元も子もありません。しかし、日焼け止めはしっかり落とさないとそれはそれで肌に悪影響があるのもまた事実。この事態を打破するには、とにもかくにも「落ちやすい」日焼け止めを選び、肌に必要な成分はクレンジング後のスキンケアで美容液などで補う、という作戦がベストでしょう。

 

クレンジング後のスキンケアでは、まず初めに馬油から塗ることがポイントです。馬油には「自分自身の直後に塗られたものをお肌に引き込む」というブースターの機能があるので、セラミドなどのお肌にぜひとも取り入れたいものは馬油の後に塗るのです。

 

FGFやEGFなどの高価な成分も、馬油があれば効果的にお肌に取り入れることができます。ここで注意点なのが、馬油のブースターとしての機能はかなり強力なので、スキンケア製品の中に入っている望ましくない成分、例えば防腐剤なども一緒にお肌に取り入れてしまう、ということです。馬油を使う時は無添加の化粧品を選びましょう。