オイリー肌向け夏のスキンケア

普段はあまりお肌がべた付かない人でも、夏になるオイリー肌になってしまう人が多いんです。その理由は、汗を掻きやすいから。

 

汗を掻くと、一緒に皮脂も分泌されるんです。汗は水分がほとんどなので蒸発するのですが、皮脂はそのままお肌の皮膚に残ってしまうために、ベタベタしてしまうんです。

 

また、汗が蒸発する時にお肌の水分を奪って蒸発してしまうので、さらに皮脂が過剰に分泌されるという悪循環が起こってしまいます。
さらに、良くないのが、冷房です。冷房は室内を乾燥させるので、お肌の水分がさらに奪われてしまい、お肌もカサカサに。インナードライという症状を引き起こしてしまい、さらにお肌の皮脂が出てきてしまうんです。

 

 

こうなると、化粧くずれが起きて、皮脂と化粧品の成分が交じり合ったものが毛穴に詰まって炎症してニキビができてしまう、なんてことになってしまいます。
こうならない為に、オイリー肌の人は、しっかりとスキンケアをすることが大切です。

 

 

スキンケアは特に難しいことをするわけではありません。まず、しっかりと汗をふき取ることから始めましょう。それから、皮脂をコントロールできる化粧水を使いましょう。毛穴を引き締める成分の入ったものを使ったり、化粧水を塗る前にお肌の余分なものを拭き取ることのできる、拭き取り用の化粧水を使うといいですよ。お肌がベタベタしがちだからと、乳液などを使わないと、蓋が出来ないために乾燥して皮脂が出てくる原因となります。化粧水を塗ったあとは、しっかりと蓋をしてあげましょう。

 

冷房を使っている室内に長時間いる場合は、お肌を乾燥させないように、ミスト状の化粧水を持ち歩くといいですよ。これがあれば、ちょっとしたトイレの時間などに、しゅっと顔にかけるだけで乾燥が防ぐことができ、スキンケアにもぴったりです。

 

夏は日焼けや紫外線などで、とにかくお肌がダメージを受けやすい時期です。毎日のスキンケアと、たまにのスペシャルなスキンケアをして、夏の疲れた肌を労わってあげることが大切です。
疲れたお肌のまま秋へ突入してしまうと、さらに乾燥が進みガサガサなお肌になってしまいますよ。