敏感肌向け夏のスキンケア

敏感肌向けに適切な夏のスキンケアとは?

夏のスキンケア

 

敏感肌の人は普通肌の人に比べて外的な刺激による肌ダメージを受けやすいという特徴があります。

 

ですので、肌への刺激となる夏場の紫外線対策はとても重要になります。

 

敏感肌の人が紫外線を浴びるとそれが刺激となり、コラーゲンなどの生成が妨げられてしまうので角質のバリア機能が低下してしまい肌に水分や油分などのうるおいをため込んでおくことができなくなってしまいます。それが原因となりターンオーバーは乱れて肌再生もうまくいかなくなってしまいます。

 

そうなると肌環境はどんどん悪化して、紫外線を浴びてメラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着しやすくなりシミもできやすくなります。ですので、きちんとしたスキンケアを行ってダメージから肌を徹底的に守ることが大切です。

 

スキンケアの具体的な方法についてですが、まずは紫外線対策が必要不可欠です。日傘をさしたりつばが広い帽子をかぶったりSPFの数値が高い日焼け止めを塗ったりUVケア効果が高い化粧品を使用したりして紫外線をブロックしましょう。

 

体の中からのスキンケアとしてビタミンCの積極的な摂取も効果的です。ビタミンCには抗酸化作用があるのでメラニンの色素沈着を抑制する効果があります。野菜や果物に豊富に含まれている栄養素ですが、サプリメントで摂取するのもおすすめです。

 

ビタミンCは水溶性のビタミンで不要な分は尿と一緒に排出されてしまい体内にストックしておくことができませんので、こまめに少しずつ摂取するのがポイントとなります。

 

肌に直接働きかけるための化粧品によるスキンケアのポイントとしては、とにかく保湿を徹底的に行ってダメージに負けない肌環境をつくるということです。

 

敏感肌の人でも積極的に保湿ケアができる化粧品はたくさん市販されていますので積極的にスキンケアに取り入れましょう。

 

角質を健やかに整えてバリア機能を高めるためのケアも重要になりますので、洗顔やパックやピーリングやふき取り化粧水などで古い角質や角栓や毛穴の汚れや酸化した皮脂をきちんとオフして化粧水や美容液が浸透しやすいコンディションに整えておきましょう。

 

化粧水はハンドプレスで二度づけしたりコットンやシートマスクを使用したりして角質の奥の方までうるおいを行き渡らせることが大切です。スキンケアのポイントをしっかりと押さえて夏の肌ダメージ対策に努めましょう。