混合肌向け夏のスキンケア

混合肌さんがするべき夏の肌ダメージ対策とは

顔の中でも調子が異なるのが、混合肌のタイプであり、とても日本人には多いタイプです。額や鼻の頭はテカるのに対して、顎やフェイスラインは脂の多い肌という、顔の中でもバランスの悪さが目立ちます。パーツによってカサつきますし、ベタつきもあるために、日常のコスメ選びにも大変さがあります。

 

そんな混合肌ではありますが、夏の肌ダメージにも負けてはいられませんので、スキンケアのポイントは抑えましょう。本格的に気温の高いシーズンを迎えますので、エアコンで肌は乾燥をしますし、発汗もかなり多くなります。この時期には落とすものはしっかりと洗顔で落としきり、毛穴がクリーンにあったら補うということをすることです。

 

サマーシーズンのスキンケアでは、意外かもしれませんが、化粧水などはサッパリよりもしっとりを使います。オイリーでもあり乾燥しやすい肌でもありますが、スキンケアではしっとりタイプを選んでの保湿をしましょう。さっぱりタイプを選びたいのは、おでこなどのテカリを気にするからでしょう。

 

でも混合のタイプは、顎などフェイスラインが乾燥をしやすくて、皮膚の薄さからも水分を必要とします。乾燥させたままだと皮膚には、あらゆるトラブルが起こりやすくなるので、しっとりタイプの化粧品を選び、保湿をするスキンケアをしたほうが肌は落ち着きやすくなります。

 

混合肌が夏シーズンのスキンケアで意識するのは、顔の脂である皮脂への対策と、強くなる紫外線への対策のダブルです。皮脂が多くなるシーズンでもあるので、クレンジングもきちんとします。刺激の多いオイルではなく、クレンジングはミルクタイプか、もしくはクリームタイプにしましょう。

 

混合という悩ましい肌質の夏のスキンケアでは、配合成分にコラーゲンやビタミンC誘導体配合を選ぶといいです。保湿にもなりますが、油分の多い肌だけに、シミ対策にもなります。皮脂量の多さからクリームを敬遠しがちですが、必ず紫外線対策は怠らないことです。